人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

栃木の仮渡金(概算金)主要銘柄で1万円の大台 主食用米の復調背景に2023年9月12日

一覧へ

JA全農とちぎは、県内の各JAに示した2023年産米の仮渡金(概算金)を「コシヒカリ」で1万2300円「なすひかり」で1万1700円とし、2022年産米に比べて60キロ当たり1800円~2200円増額することを明らかにした。

JA全農とちぎが県内の各JAに示した2023年産米の仮渡金(概算金)は、主要銘柄の「コシヒカリ」が1500円増、「なすひかり」が2200円増とし、2年連続の増額となった。

栃木

JA全農とちぎの米穀担当者によると、今回の仮渡金(概算金)の引き上げは「主食用米の需要が回復傾向にあることと、県産米の在庫量が減った」と説明する。また「生産コストの上昇を踏まえ、農家の経営状況に配慮した」とも話した。

作柄については「栃木県ではまとまった雨があり、渇水被害はなく、収量は昨年より良い」と話す。一方で「刈り取ったものからは高温の影響を受けたと思われる「白未熟」が見受けられる。今後の収穫にも、同様のものが出るだろう」と不安をにじませた。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る