肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.05.21 
4月の販売乳量、0.4%増 中央酪農会議一覧へ

 中央酪農会議は5月16日、平成25年度4月の用途別販売実績(速報)を発表した。

 4月の販売乳量は、62万8053tで前年同月に比べて0.4%増だった。北海道が32万1241tで同1.5%増だが、都府県は30万6812tで同0.7%減。都府県で前年同月に比べて増えたのは、中国2万5759tで0.3%増、九州5万8413tで同0.5%増の2地域だった。関東は10万1495tで同0.4%減。
 用途別では、飲用牛乳向けが26万6996tで同1.7%減だったが、その他の用途向けはすべて前年同月を上回った。伸び率が大きかったのは、チーズ向け4万1868tで同5.9%増。次いで、特定乳製品向け17万662tで同2%増、生クリーム向け10万6102tで同1.3%向け、はっ酵乳向けが4万2423tで同0.9%増だった。


(関連記事)

牛乳は子どもたちを救えるか 学術フォーラム(2013.05.14)

6月は牛乳月間 Jミルクがポスター製作(2013.05.09)

Jミルク 食物アレルギーの研究最前線を紹介(2013.04.02)

牛乳乳製品の工場数減る(2013.03.21)

4月1日から全国CM 「おねがいミルクゴッド」(2013.03.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ