肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.05.14 
牛乳は子どもたちを救えるか 学術フォーラム一覧へ

「乳の学術連合」と一般社団法人Jミルクは、6月1日の「牛乳の日」からスタートする「牛乳月間(※)」のイベントとして同日、学術フォーラム(時事通信ホール、13時〜17時)を開く。参加者を募集している。

 今回のテーマは「牛乳は子どもたちを救えるか! 子どもたちの成長・食生活に向き合う」だ。運動不足、肥満、朝食の欠損、睡眠不足など、子どもたちの成長や食生活を取り巻く問題は少なくないが、近年、こうした問題に対して牛乳が果たす役割や可能性についての研究成果が数多く報告されている。
 当日は、医師、栄養士、研究者などが最新の研究成果を報告するとともに、パネルディスカッションを行う。会場は時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)。申し込みは、氏名(代表者名)、住所、電話番号、参加人数を記入し、FAX(03-6226-6354)で。

【牛乳月間】
 2001年に国際連合食糧農業機構(FAO)が6月1日を「世界牛乳の日」(World Milk Day)として提唱したのを受け、日本では2008年より6月1日を「牛乳の日」、6月1カ月間を「牛乳月間」に制定した。


(関連記事)

6月は牛乳月間 Jミルクがポスター製作(2013.05.09)

Jミルク 食物アレルギーの研究最前線を紹介(2013.04.02)

明治が新機能ミルク スポーツの後に牛乳を(2013.03.25)

4月1日から全国CM 「おねがいミルクゴッド」(2013.03.18)

牛乳の日、牛乳月間の取り組み決める Jミルク(2013.02.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ