Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛乳は子どもたちを救えるか 学術フォーラム2013年5月14日

一覧へ

「乳の学術連合」と一般社団法人Jミルクは、6月1日の「牛乳の日」からスタートする「牛乳月間(※)」のイベントとして同日、学術フォーラム(時事通信ホール、13時?17時)を開く。参加者を募集している。

 今回のテーマは「牛乳は子どもたちを救えるか! 子どもたちの成長・食生活に向き合う」だ。運動不足、肥満、朝食の欠損、睡眠不足など、子どもたちの成長や食生活を取り巻く問題は少なくないが、近年、こうした問題に対して牛乳が果たす役割や可能性についての研究成果が数多く報告されている。
 当日は、医師、栄養士、研究者などが最新の研究成果を報告するとともに、パネルディスカッションを行う。会場は時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)。申し込みは、氏名(代表者名)、住所、電話番号、参加人数を記入し、FAX(03-6226-6354)で。

【牛乳月間】
 2001年に国際連合食糧農業機構(FAO)が6月1日を「世界牛乳の日」(World Milk Day)として提唱したのを受け、日本では2008年より6月1日を「牛乳の日」、6月1カ月間を「牛乳月間」に制定した。


(関連記事)

6月は牛乳月間 Jミルクがポスター製作(2013.05.09)

Jミルク 食物アレルギーの研究最前線を紹介(2013.04.02)

明治が新機能ミルク スポーツの後に牛乳を(2013.03.25)

4月1日から全国CM 「おねがいミルクゴッド」(2013.03.18)

牛乳の日、牛乳月間の取り組み決める Jミルク(2013.02.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る