想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛乳の日、牛乳月間の取り組み決める Jミルク2013年2月25日

一覧へ

 日本酪農乳業協会(Jミルク)は2月20日に理事会を開き、平成25年の牛乳の日と牛乳月間に向けた取り組みを決めた。

牛乳の日、牛乳月間の取り組み決める Jミルク Jミルクは平成19年に毎年6月1日を「牛乳の日」、毎年6月を「牛乳月間」と定め、業界をあげて牛乳の認知度向上などの取り組み推進を呼びけかている。
 Jミルクは業界全体の活動強化に向けた取り組みとして、「牛乳の日・牛乳月間」統一ロゴマークのほか、26年以降のロゴ、ポスターの公募などを行うことを決めた。
 また、Jミルク独自の取り組みとしては、6月1日に乳の学術連合フォーラム、6月6日に老年医学会ランチョンセミナー、6月22、23日の食育全国推進大会での講演を予定しているほか、2月に特設ホームページを開設した。
 具体的なメディア広報などは4月から始める予定。


(関連記事)
1月の販売乳量62万477t、前年比0.1%減  中央酪農会議 (2013.02.19)

牛乳乳製品で「低GI食生活」 リーフレットで提案  Jミルク (2013.02.19)

25年度生乳生産量756万トン Jミルクが需給見通し策定 (2013.01.30)

補給金単価などすべて引き上げ 平成25年度畜産物価格と関連対策 (2013.01.28)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る