肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.05.21 
フランス産牛肉に不適合牛舌  厚労省一覧へ

 厚労省は5月20日、成田空港検疫所で、フランス産牛肉から、輸入条件に適合しない牛肉(舌)が混ざっていたことを明らかにした。厚労省は当該処理施設からの輸入手続きを停止し、フランス政府に詳細な調査を申し入れた。

 牛舌は扁桃の除去が輸入の条件だが、5月16、17日の現場検疫で、8日と14日到着したフランス産牛舌に不適合が見つかった。
 厚労省の調査申し入れと併行し、20日、フランス政府から、再発防止策が確認されるまでの間、すべての対日輸出施設における子牛の頭部と牛舌の対日輸出手続きを保留するとの通知があった。


(関連記事)
自由化は食の安全も脅かす―TPPとBSE対策でシンポ(2012.04.26)

米国の圧力による見直しは許されない 輸入牛肉規制緩和問題 (2012.04.10)

「特に問題なし」 米国の食肉処理施設を定期査察 (2012.04.03)

BSE対策の見直し、評価項目を決める  食品安全委員会 (2012.02.29)

BSEで日本、「無視できるリスクの国」と評価 OIEの専門家会合(2013.02.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ