左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ポーランド産牛肉輸入再開へ 厚労省2014年8月4日

一覧へ

 厚生労働省は8月1日、ポーランド産牛肉の輸入を再開すると発表した。

 ポーランド産牛肉は同国がBSE発生国であることから平成14年から輸入が禁止されていたが、輸入再開に向けて25年4月、食品安全委員会に輸入条件を諮問した。その後の検討を経て今年4月に食品健康影響評価結果を通知した。
 これに基づき厚労省はポーランド政府との協議や現地調査などを行い、対日輸出条件を遵守する体制が確認されたことから輸入を再開することにしたもの。

 対日輸出条件は、

▽月齢制限は30か月齢以下
▽特定危険部位(SRM)の範囲は、月齢が30か月以下であることを前提に、
▽扁桃と回腸遠位部

とした。
 米国、カナダ、フランス、アイルランドも同じ条件となっている。


(関連記事)

モンゴルとのEPA 大筋合意(2014.07.23)

TPP効果による酪農崩壊の危機(2014.06.30)

迫力欠く今年の白書 激動の時こそ 着実な分析を  田代洋一・大妻女子大学教授(2014.06.20)

【緊急寄稿】どう捉えるか、日豪EPA大筋合意 鈴木宣弘・東京大学教授(2014.04.10)

日豪EPAで崖っぷちに立つ牛肉(2014.04.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る