肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2019.08.29 
移動式搾乳機など畜産技術を発表一覧へ

JRA畜産振興事業に関する発表会開催

 (公財)全国競馬・畜産振興会は、JRA(日本中央競馬会)からの交付金を受け、わが国の畜産の振興に資するという観点から、民間団体が実施する畜産技術に関する研究開発や被災地支援対策に関する調査研究などの事業に対し助成を行っている。
 この助成事業の成果などを発表する「JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会」を、10月10日(木)13時〜17時30分に、東京大学弥生講堂・一条ホールで開催する。

 同研究発表会の概要は次のとおり。
▽日時 10月10日(木)13時〜17時30分
▽場所 東京大学弥生講堂・一条ホール
▽主催 東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター/(公財)全国競馬・畜産振興会
▽定員 250名(入場無料)
▽申し込み方法 全国競馬・畜産振興会のホームページに掲載されている申込書で申し込む。

【発表テーマと発表者(敬称略)】
▽未来の畜産女子育成プロジェクト〜女子高校生と共に育む、これからの畜産〜
 ・国際農業者交流協会派遣業務課長 皆戸顕彦
 ・栃木県農業大学校畜産経営学科(1年)糸川夏海
▽自然と共生する馬搬の振興〜木材の搬出など在来馬の活用に向けて〜
 ・馬搬振興会代表理事 岩間敬
 ・同理事 尾立愛子
▽豚部分肉自動脱骨装置の開発〜X線とAIを搭載した食肉産業ロボットで築く新時代〜
 ・食肉生産技術研究組合(組合員)
 ・ニッコー営業本部常務取締役 及川寿恵男
▽移動式搾乳機(mMMP)の開発〜小規模放牧に適した低コスト搾乳システム!〜
 ・八ヶ岳中央農業実践大学校校長 清水矩宏
▽人工授精の受胎率向上技術の開発〜牛の受胎率向上に、種雄側から挑む〜
 ・家畜改良技術研究所技術開発部開発第1課専門役 絹川将史
▽黒毛和種における地方病性牛白血病(EBL)清浄化モデルの開発〜静かに深刻化する牛白血病への農場ぐるみでの取組み〜
 ・岩手大学付属動物医学食品安全研究センター教授 村上賢二

※プログラムは予告なく変更する場合があります。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ