Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

神戸元町商店街に国産チーズ25工房が集合 「JAPAN CRAFT CHEESE EXPO 『CHEESE+』」2019年11月14日

一覧へ

 現在、全国各地でこだわりぬいたナチュラルチーズをつくっている工房が300近くある。その品質は年々向上し、海外のコンテストで上位入賞するなど、国内外から注目を集めている。
 こうした機運を一層高め、広く消費者に知ってもらうため、全国からチーズの作り手たちが神戸元町に集まり、直接チーズづくりの背景を伝えるとともに、国産チーズを良さを伝えるイベント「JAPAN CRAFT CHEESE EXPO 『CHEESE+(チーズプラス)』」を11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、開催する。
 なお、西日本での本格的な国産チーズのイベントは、初めての試みとなる。

国産チーズを振興

国内の酪農と国産チーズを振興

 このイベントは、神戸元町商店街連合会の協力を得て、全国から出展するチーズ工房を、北海道、東日本、近畿・中国・四国、九州・沖縄の4つのゾーンに分け、神戸元町商店街3丁目の全域で実施する。
 来場者は、商店街を歩きまわりながら、全国のチーズがつくられている地域のこと、製造方法、生産者の思いなどを、生産者から直接聞き、まるで日本のチーズ産地を旅するような気分になってもらうことを目指している。
 また、チケット制で、全国のチーズ工房の食べ比べプレートを無料で配布(数量限定)する予定。また、チーズの楽しみ方のヒント(cheese+)を見つけてもらうため、手作りチーズ体験、有名料理店とのコラボチーズ料理、兵庫県内の酒蔵、近畿圏のワイナリーとのマリアージュなどを通じ、チーズの新しい楽しみ方を提案する。

チーズイベント会場

神戸元町商店街3丁目全域がイベント会場に

 会場内には、特設ステージを設け、出展するチーズ工房の作り手や、チーズ専門家などを招いたトークショーも開催する。
 開催概要は次のとおり。

▽名称:「JAPAN CRAFT CHEESE EXPO 『CHEESE+(チーズプラス)』」
▽日時:11月30日(土)、12月1日(日)開場11時?閉場19時
▽会場:神戸元町商店街3丁目全域(〒650?0022 神戸市中央区元町通3丁目13?1)
▽入場料:無料
▽主催:JAPAN CRAFT CHEESE EXPO 実行委員会
▽後援:農林水産省、(独)農畜産業振興機構「国産チーズ競争力強化支援対策事業」
▽協力:神戸元町商店街連合会
▽公式ホームページ:http://www.jpn-cheese.com

出展チーズ工房一覧


(関連記事)
日本初のナチュラルチーズ生産者らが法人を設立(2019.10.29)
国産最優秀チーズを選ぶ  ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト迫る  中央酪農会議(2019.10.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る