Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

川村会長、砂金副会長を再任、新専務に内橋氏-Jミルク2021年6月11日

一覧へ

(一社)Jミルクは6月10日、定時総会と理事会を開き、役員の任期満了に伴い新役員体制を承認した。

会長には川村和夫明治ホールディングス代表取締役社長、副会長には砂金甚太郎全酪連代表理事会長が再任された。任期は2年。

川村会長は「生乳生産は増産の方向に向かって進んでいるが、多くの課題を抱えている」と指摘し、国際的に環境問題や動物福祉への取り組みが求められるなど「酪農乳業のサスティナビリティを高める取り組みが大切になっている。Jミルクが果たす役割は大きい」と述べた。
 
また、新専務には内橋正敏氏、新常務には荒川宏行氏が選任された。

内橋専務は「世界が脱炭素に向けた動きが加速するなか、酪農乳業をめぐる事業環境は大きく変化しつつある。酪農乳業に関わるすべての関係者が誇りを持って自らの仕事に打ち込み、社会から適正に評価されるよう会長、副会長とともに職員一丸となって取り組んでいきたい」とし、具体的には「Jミルクの役割である酪農乳業、牛乳乳製品の存在価値を高めることへの貢献と、国連のフードシステムサミットに向けた酪農乳業のコミットメントの実行に力を注ぎたいと考えている」と話した。

総会で専務理事の前田浩史氏、常務理事の岡本隆雄氏は退任した。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る