Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI自働豚体重測定カメラ国内初の実用化 ジャパンファームで本格運用開始 Eco-Pork2021年7月30日

一覧へ

株式会社Eco-Pork(東京都墨田区)は7月、国内で初めてとなる完全自働で豚体重の測定が可能な「AI豚カメラ(ABC)」の提供を始めた。

AI豚カメラ(ABC)AI豚カメラ(ABC)

「AI豚カメラ」は、画像認識技術等のAI(人工知能)技術を活用し、同時に複数の肥育豚の体重・成育状態を完全自働で推計。同社の養豚経営管理システム「Porker」と連動することで豚の体重・生育状態を遠隔地からリアルタイムで把握することができる。実用化に先駆け、すでに関連特許を13件取得し、国際特許への移行を開始。同カメラは、単一農場として飼育頭数日本一の株式会社ジャパンファームで、2020年から先行導入と本格稼働へ向けた最終実証を行い、7月に製品版による通常業務での本格運用が始まった。

AI豚カメラ(ABC)は、「養豚産業のDX化はここから始まる」の思いから、商品名「ABC:AI Buta Camera」として販売。複数頭の肥育豚を一度に完全自働で測定できるハードウェアで、同社の養豚経営管理システム「Porker」への即時連携できる。

豚の輪郭を含む複数の特徴点を開発したAIモデルに取り込み体重推計させるため、豚が寝転んでいる・豚が馬なりになっている状態など、豚房内で起こる肥育豚の自然な状態を推計。また、豚の姿勢や振る舞い状態をAIで判断させることで、異常豚を識別する。

同カメラは2018年から、東北から九州までの複数農家で多種多様な豚舎構造・豚房内設置物、様々な撮像距離、明所から暗がりなど様々な環境で現場実証と技術改良を重ね、実用化。生産者や豚自身に負荷をかけることなく、ベテラン生産者の目に頼ってきた肥育豚の育成状態の確認・異常豚の検知・出荷豚の選別業務などをデータドリブンで実現でき、養豚業における「効率的生産管理」が可能となる。実際の機器は、10月13日~15日開催の「農業ウィーク東京2021」で展示を予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る