JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アニマルヘルス分野で戦略的提携を発表 ベーリンガーインゲルハイム×Invetx社2021年10月8日

一覧へ

アニマルヘルス分野のベーリンガーインゲルハイムとボストンを拠点にアニマルヘルス分野でタンパク質ベースの治療薬を開発するInvetx社は、治療が想定される動物の幅広い疾病を対象に、新しい動物用医薬品の創薬、開発、商品化に向けた提携を発表した。

両社は、治療が想定される動物の幅広い疾病を対象に、動物種別の新規モノクローナル抗体(mAb)を用いたバイオ医薬品を開発する提携契約を締結。まずは犬と猫に重点を置いて取り組む。対象となる疾病領域について、Invetx社は独自のプラットフォームによりベストインクラスの医薬品候補を創薬および最適化。ベーリンガーインゲルハイムは、これらの治療薬の臨床面および薬事面の開発と上市を担当する。

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルスのグローバルイノベーション責任者のEric Haaksma氏は「Invetx社は、最先端の創薬プラットフォーム、最適化技術、抗体に関する専門知識を有しており、今回の提携となった。両社が協力し、イノベーションを活用して、アニマルヘルスを向上させる画期的な科学的躍進を発見するべく取り組んでいく」とコメントしている。

モノクローナル抗体は、ヒトではさまざまな疾患の治療に使用。免疫療法として、モノクローナル抗体を使って、特定の細胞またはタンパク質に単一特異的に結合させ、細胞を攻撃する身体の自然な反応を活用するもので、この技術をアニマルヘルス分野で活用することで、アンメットニーズに対応する可能性の創出につながる。

Invetx社は、動物用バイオ医薬品の新たなスタンダードとなりうる、創薬 - 製品開発 - 商業生産までの一貫したプラットフォームを持つ。ヒューマンバイオテクノロジー分野で検証済みの技術を活用して獣医学向けに最適化することにより、Invetx社は、動物の重篤な慢性疾患を治療する幅広い標的に対して特定された抗体を生み出すことが期待できる。

Invetx社CEOのJuergen Horn氏は、「このプログラムは、当社独自のポートフォリオを補完し、動物向けにベストインクラスの新しい革新的治療薬を生み出す、リーダーとしての当社の地位を強化するもの」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る