左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

日清丸紅飼料とパートナーシップ締結 養豚経営支援システムでOEM Eco-Pork2023年3月8日

一覧へ

Eco-Porkは、日清丸紅飼料とパートナーシップを締結し、日清丸紅飼料が販売してきた養豚生産管理ソフト「MN-FIS」をOEM受託。「MN-Porker」の名称で4月から販売され、日清丸紅飼料はMN-FISからの移行を促進する。

養豚経営支援システム「MN-Porker」画面イメージ

「MN-FIS」は日清丸紅飼料が独自開発した農場生産管理ソフト。養豚用・養鶏および特定顧客向け養牛用があり、養豚用は、繁殖成績管理がメインとなり、2022年12月時点で、約6%の国内シェアがある。

Eco-Porkが提供する養豚経営支援システム「AI Farm Manager Porker」は、繁殖から離乳、肥育まで養豚の全フェーズを管理できる。2022年12月での国内シェアは約10%。「MN-FIS」利用者から「肥育成績管理も行いたい」という要望が以前からあり、このほど、「MN-FIS」の進化版「MN-Porker」を開発することになった。

「MN FIS」から「MN-Porker」切り替わる事で、あらたに「肥育管理機能」が追加され、出産から出荷までの一元管理が可能になる。また、クラウド機能によりいろいろな人が同時共有され、IoTとも繋がるようになる。両社が手を組み、それぞれが持つ生産管理ソフトのノウハウを統合することで、養豚現場のDXを推し進める。Eco-Porkは「Porker」「MN-Porker」合わせたシェア20%を近い将来に実現する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る