人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

「消費者の理解醸成と需給調整対策の構築を」 中央酪農会議 新役員体制決まる2023年6月28日

一覧へ

(一社)中央酪農会議(中酪)は6月27日、定時会員総会を開き、任期満了に伴う新役員の選任などを行った。

中央酪農会議総会.jpg中央酪農会議の定時会員総会であいさつを述べる隈部洋副会長

総会の冒頭、隈部洋副会長は「厳しい酪農経営の理解醸成活動など乳価交渉の支援対策や粗飼料価格の高騰に対応するため助成事業を実施していますが、資材価格の高騰は過去に経験したことがない水準であり、酪農家のみなさまから追加的対応を求める声が上がっています」などとあいさつした。そのうえで、適正な価格形成の仕組みづくりの議論が進んでいることに触れて、「価格形成は消費者の理解醸成対策と需給調整対策もあわせて構築することが重要であり、こうした観点も含めて検討対応していく予定です」と述べた。

総会では、任期満了に伴う役員の選任などが協議され、原案通り議案が承認された。また、定時会員総会のあと理事会が開かれ、会長や副会長などの互選が行われた。
中央酪農会議の新役員体制は次の通り。
(敬称略)

●会長 中家徹(全国農業協同組合中央会 代表理事会長)
●副会長 隈部洋(全国酪農業協同組合連合会 代表理事会長)
●副会長 菊池一郎(関東 関東生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●專務理事 菊池淳志(中央酪農会議 専務理事)

●理事 齊藤良樹(全国農業協同組合連合会 常務理事)
●理事 增田昌洋(全国開拓農業協同組合連合会 代表理事專務)(新任)
●理事 尾崎太郎(農林中央金庫 常務執行役員)(新任)
●理事 角野隆宏(全国共済農業協同組合連合会 常務理事)
●理事 徳田善一(北海道 ホクレン農業協同組合連合会 代表理事副会長)(新任)
●理事 伊藤一成(東北 東北生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 藤田毅(北陸 北陸酪農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 鈴木康弘(東海 東海酪農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 中川泰宏(近畿 近畿生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 長恒泰治(中国 中国生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 河野仁(四国 四国生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 中村隆馬(九州 九州生乳販売農業協同組合連合会 代表理事会長)
●理事 生源寺眞一(東京大学名誉教授)

●監事 馬場利彦(全国農業協同組合中央会 専務理事)
●監事 西野一(北海道 ホクレン農業協同組合連合会 酪農畜產事業本部本部長)
●監事 迫田孝(関東 関東生乳販売農業協同組合連合会 代表理事常務)

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る