人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

【年頭あいさつ 2024】佐藤雅俊 雪印メグミルク株式会社 代表取締役社長2024年1月3日

一覧へ

新年あけましておめでとうございます。
2024年もJAcom農業協同組合新聞をよろしくお願い申し上げます。
JAcomでは、元日から3日まで、農林水産大臣をはじめJAグループ全国連、農業関連団体のトップなどによる年頭のあいさつを掲載しています。

佐藤雅俊 雪印メグミルク株式会社 代表取締役社長佐藤雅俊
雪印メグミルク株式会社
代表取締役社長

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。また、旧年中は格別のご支援、お引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。新年を迎えるにあたりご挨拶を申し上げます。

わが国経済は、一部に弱さが見られるものの、緩やかに持ち直しに向かっていますが、先行きについては海外景気の下振れがわが国の景気を下押しするリスクや、物価上昇等の影響に十分注意する必要があります。食品業界においては、ウクライナ情勢などに伴う世界的な原材料価格やエネルギー価格等の高騰はピークを過ぎたと見られますが、食品をはじめ様々な商品の値上げが継続し、消費者の購買行動に影響を与えております。

経営環境は、大変激しい変化の中にありますが、当社グループは、対処すべき課題を明確にし、昨年、「雪印メグミルクグループ 中期経営計画2025」を策定しました。当計画では「強靭性の獲得」をテーマとし、「新たな成長のタネづくり」、「基盤活用による物量の拡大」、「国内酪農生産基盤の強化・支援」を3つの事業戦略の柱と位置付け歩を進めています。

また、当社グループは2025年に創業100周年の大きな節目を迎えます。今からおよそ100年前、創業者たちは、まだ十分な栄養をとることが難しい社会環境の中、酪農乳業を通じて「安定的で、豊かな食生活を実現する」という、当時の社会課題の解決に向けた思いを「健土健民」という言葉に込めて出発しました。新たな100年を迎えるに当たり、今、当たり前に手にしている「食」が、これからは当たり前には続かない。そのような現状認識を踏まえ、私たちは「健土健民という創業の精神で、乳で培われた幅広い知見や機能(ミルクバリューチェーン)によって、食の持続性を実現する」という志を持ち、ステークホルダーの皆さまと手を携え、様々な社会課題を解決する企業を目指して参りたいと考えておりますので、本年も一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

末筆ではございますが、皆様の益々のご発展とご多幸を祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る