JAの活動 ニュース詳細

2013.01.22 
「女性の感性でJAに新たな息吹をおこそう」 第58回JA全国女性大会一覧へ

 JA全国女性組織協議会(JA全国女性協)は1月21日、東京の日本教育会館で第58回JA全国女性大会を開いた。
 大会のメインスローガンは「JA女性 心ひとつに 今をつむぎ 次代へつなごう!」。全国からJA女性組織・フレッシュミズメンバー約500人が集まった。大会は22日正午まで。

あいさつするJA全国女性協の瀬良会長 開会のあいさつでJA全国女性協の瀬良静香会長は、「第26回JA全国大会決議の中で女性参画3目標(正組合員25%以上、総代10%以上、理事等2名以上)が継続的に掲げられ、初めて女性パワーの積極的な位置づけが明記されたことはこれまで私たちが一生懸命取り組んできた活動の成果であり、ある組合長がおっしゃっていた『女性にソッポを向かれるJAに未来はない』ということを認識していただいた証だと思っている。そのためにも今後よりいっそうJAとのパートナーシップを強化し、女性の感性でJAへ新たな息吹をおこそうではありませんか」とさらなる飛躍への思いを述べた。
 また、「女性組織が10年後も輝き続け、100周年記念大会でも輝き続けるために今たゆまない努力をしなければならない」として仲間づくりやフレッシュミズの育成に力を入れていくほか、東日本大震災の復興支援とTPP交渉参加断固阻止に向けた活動も女性組織一丸となって取り組んでいくことを強調した。
 来賓の加治屋義人農水副大臣は「副大臣就任時、職員に『農林水産省の仕事は我が国の農林水産物を外敵からしっかり守ること、そして育てることだ』と申し上げた。外敵とはTPPに他ならない。育てるとは生産者のみなさんに安全・安心な物をたくさん作りましょうといえる環境をつくること。私どもがすすめる攻めの農林水産業の政策と、みなさんが地域で取り組んでいる事業が連携して実績を上げることが求められている」と話した。
 JA全中の萬歳章会長はJA女性組織の活動のなかでも、とくに東日本大震災の被災地支援の積極的な展開は「組織内外、国内外を問わず高く評価されており、こうした取り組みが人と人との絆や協同の大切さを再評価する社会的機運に結びついた」と敬意を述べた。
 大会1日目にはJA女性組織活動体験発表で地区代表に選ばれた6人と「フレッシュミズの主張」コンクール入賞者10人の表彰と発表、パネルディスカッションを行い、最後に25年度からスタートする3カ年計画を決議した。

(写真)
あいさつするJA全国女性協の瀬良会長

大会1日目のシンポジウムはこちらから


(関連記事)
【インタビュー】これまでの60年を振り返り、未来に向け転換しよう  瀬良静香・JA全国女性組織協議会会長 (2013.01.21)

【特別寄稿】大会決議の実践、女性の活躍に期待  JA全中・萬歳章会長 (2013.01.21)

【特集・日本農業の未来を創る女性たち】社会変革は女性の力で 小林綏枝(本紙論説委員、元秋田大学教授) (2013.01.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ