Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA運営への参画で前進 JA全国女性協総会2013年5月24日

一覧へ

 JA全国女性組織協議会は5月23日、東京・大手町のJビルで第63回通常総会を開き、24年度の活動を総括し、25年度の活動計画を決めた。
 また、役員改選で新会長に大川原けい子さん(JA福島女性協)、副会長に大石寿美子さん(JA長崎女性協)を専任。併せて、女性正組合員加入優良JA女性組織の表彰、「TPP断固反対に関する特別決議」を行った。

◆女性の正組合員・JA役員増える

「地産地消」の活動の拡大を決めたJA全国女性協通常総会 24年度の活動報告では、それぞれの活動の参加組織数を報告。「みんなのよい食プロジェクトの実践」には12県34組織が実施した。7?9月に実施した「消費電力マイナス10%大作戦」には35都道府県188組織が参加。前年度に比べ10都道府県75組織増えた。
 また、JA運営への女性参画促進運動に取り組み、正組合員の19.2%、役員等の5.15%が女性になった。前年に比べそれぞれ0.9ポイント、0.64ポイントの増加となった。
 このほか、特筆される活動としてJF(漁協)女性部との連携を深めた。国際協同組合年の一環として取り組んだ。25年度も、思いを共有する他の協同組合の女性組織やNPO法人など他団体との交流を進める。

(写真)
「地産地消」の活動の拡大を決めたJA全国女性協通常総会=東京・大手町JAビル

◆「心を一つに」大河原新会長

就任のあいさつをする大川原けい子新会長 こうした活動の成果をもとに、25年度は、地産地消運動を「単なる地場産農畜産物の消費拡大だけでなく、地域活性化や環境保全など、農業・農村だけでなく、地域社会全体の課題を解決する重要な活動の柱」として位置付け、重点的に取り組む。具体的には、[1]学校給食等への食材供給と伝統料理メニューの伝承[2]直売所・ファーマーズマーケットへの参画[3]農畜産物の加工[4]食育教育、などに取り組む。
役員改選で会長に選任された大川原けい子さんは「みなさんと共に心を一つにして頑張っていく」と、決意を述べた。
あいさつする新役員ら また総会では24年度の女性組合員加入優良実績JA女性組織として、664人の女性正組合員を増やしたJA白山女性部(石川県)、同じく260人増やしたJA松本ハイランド女性部(長野県)、1325人のJA岡山西女性部(岡山県)の3女性部を表彰した。

(写真)

上:就任のあいさつをする大川原けい子新会長
下:あいさつする新役員ら

 

(関連記事)

【TPP反対声明】JA全国女性協(2013.03.18)

「10年後のありたい姿」見据え実践 JA全国女性協の新3カ年計画(2013.02.08)

10年後ありたい女性組織に向けて JA全国女性大会のパネルディスカッション (2013.01.23)

JA女性役員は969人に  女性のJA経営参画状況 (2012.11.12)

JA全国女性協の次期3カ年計画のテーマは「JA女性 心ひとつに 今をつむぎ 次代へつなごう!」 (2012.11.02)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る