JAの活動 ニュース詳細

2013.02.08 
「10年後のありたい姿」見据え実践 JA全国女性協の新3カ年計画一覧へ

 JA全国女性組織協議会は1月21、22日に開いた第58回JA全国女性大会1日目に平成25年度からの新3カ年計画「JA女性 心ひとつに 今をつむぎ 次代へつなごう!」を採択した。
 その内容を紹介する。

JA全国女性組織協議会の新3カ年計画「JA女性 心ひとつに 今をつむぎ 次代へつなごう!」 さまざまな職種・世代の女性が集い、いきいき活動する組織や、食・農業の分野で存在感を放つ組織、JAと二人三脚で取り組む組織など、新3カ年計画ではこれらJA女性組織の「10年後のありたい姿」を見据えた活動を提案している。
 その柱は(1)私たちの活動(2)私たちの組織・組織運営(3)JAとのパートナーシップ―の3項目。
 重点取り組み事項として(1)では▽「食と農」を基軸とした活動の実践▽くらしをベースとした活動の実践▽思いを共有する人との広がりをもった活動の実践、(2)では▽組織の活性化を図るためのJA女性組織メンバー・フレッシュミズ支援と加入促進▽女性のJA運営への参画促進、(3)では▽支店活動の充実と事務局体制の整備▽積極的な情報発信や学習活動の実践、を掲げている。
 これらの活動をすすめていくために、「見える組織」をめざして地方紙やケーブルテレビなど積極的な情報発信に努めていくことや、『家の光』、『日本農業新聞』などを通じた学習活動の実施、定期的に取り組みを振り返り問題点に気づいて見直し行動していく。
 瀬良静香会長も本紙インタビューで「それぞれの地域でこれまでの活動を振り返り、よかったことは今後さらに伸ばしていき、悪かったところは反省点を見つけて改善に向け転換していくことが大切」と話している(関連記事: 【インタビュー】これまでの60年を振り返り、未来に向け転換しよう  瀬良静香・JA全国女性組織協議会会長 )。


(関連記事)
10年後ありたい女性組織に向けて JA全国女性大会のパネルディスカッション (2013.01.23)

JA女性役員は969人に  女性のJA経営参画状況 (2012.11.12)

JA全国女性協の次期3カ年計画のテーマは「JA女性 心ひとつに 今をつむぎ 次代へつなごう!」 (2012.11.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ