JAの活動 ニュース詳細

2013.10.08 
決勝進出6校が決定 みんなDE笑顔プロジェクト一覧へ

 JA全中が主催する「全国高校生 みんなDE笑顔プロジェクト」。9月下旬から10月にかけて全国3会場で地区大会を行い、決勝進出の6チームが決まった。

 このイベントは、全国の高校生から「農家を笑顔にするアイディア」を募り、その内容を競うもの。
 今年は全国から115校160チームがエントリー。このうち、地区大会に駒をすすめた18チームが、宮城(東日本)、京都(中日本)、福岡(西日本)で地区大会を行った。
 東日本地区で優勝したのは、千葉県立成田西陵高校の地域生物研究部。テントウムシやエゾカタビロオサムシの羽を固定してほ場に放すことで、アブラムシやヨトウムシなどの害虫防除を可能にした。
 中日本優勝の京都市立伏見工業高校は間伐材を利用した水車式の小水力発電機を開発、西日本優勝の沖縄県立中部農林高校は規格外のオクラを利用したオクラ麺、オクラペーストなどの商品を開発した。
 このほか、各地区の準優勝3チームを含む計6チームが11月24日に家の光会館(東京・飯田橋)で開催する決勝大会に出場する。

 決勝大会への出場校・チームは次の通り。
○東日本
▽優勝 千葉県立成田西陵高校・地域生物研究部
▽準優勝 福島県立郡山北工業高校・北工Re笑顔
○中日本
▽優勝 京都市立伏見工業高校・小水力発電で地域資源を活かす!
▽準優勝 兵庫県立篠山東雲高校・特産でeco&smile
○西日本
▽優勝 沖縄県立中部農林高校・OKURA
▽準優勝 徳島県立美馬商業高校・みまから!やって美馬商


(関連記事)

地区大会出場の18チーム決定 全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト(2013.09.18)

東京・JAビルで高校生がマルシェ(2013.03.27)

高校生が食と農で被災地支援 JA全中「みんなのよい食プロジェクト」(2013.01.30)

北海道美幌が優勝 高校生が活動する地域活性化プロジェクト JA全中が顕彰 (2012.11.15)

復興目指した23プランが実施決定 高校生が被災地とコラボ  JA全中 (2012.07.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ