JAの活動 ニュース詳細

2013.11.05 
都会で実りの秋を喜ぶ 全農がチャリティフェア一覧へ

 11月2、3日の両日、NHK放送センター前広場で、秋恒例の「全農農産物チャリティフェア」が開催された。

餅つきをする子供たち このチャリティフェアは、JA全農とNHKが協力し、首都圏の消費者とともに実りの秋の喜びを分かち合い、日本の農業と食を理解してもらうことを目的に行われるもの。今年で33回目の開催となる。
 会場では、新鮮で安全な国産農畜産物・加工品が格安で販売販売され、持ちきれないほどの買い物をする人も見られた。
 恒例の子ども達による餅つきや、ポン菓子づくりの実演もおこなわれ、大勢の親子が人の輪を作った。また「あきたこまち」の新米が2kgプラスひとすくいで500円という破格の値段で販売され、人気だった。
 NHK広場の正面前には、JA東京中央が、ハクサイ、ダイコン、ニンジンなどの地場産野菜を利用して作った宝船が展示され、写真撮影する人も多く見られた。
 「全農農畜産物チャリテイフェア」のブース販売による売り上げと会場での募金は、NHKを窓口とした「東日本大震災義援金」に寄附された。 

  野菜の宝船(JA東京中央)  国産野菜を買い求める来場者

 (写真)
上:餅つきをする子供たち
下:(左から)野菜の宝船(JA東京中央)、国産野菜を買い求める来場者


(関連記事)

JA東京中央会、東京の農業など紹介(2013.10.15)

有機JAS農産物、米国への輸出可能に(2013.09.30)

米粉パンに適した新品種「ゆめふわり」(2013.09.20)

「全国の食で日本を元気に!」全国フェスが盛況(2013.03.12)

アジア、アフリカの子どもたちへ JA共済が寄贈(2013.03.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ