Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「国民の生活を守る」 JA全農が賀詞交歓会2014年1月8日

一覧へ

 JA全農は1月7日、東京・大手町の経団連ビルで賀詞交歓会を開いた。

中野吉實経営管理委員会会長 中野吉實経営管理委員会会長は冒頭のあいさつで、平成25年は大雪、台風、猛暑、集中豪雨など全国的に自然災害の被害が多かったことにふれ、「秋にフィリピンを襲った台風は想像だにできない大きなものだった。これが日本に来ても不思議ではない。JA全農では、こうした自然災害を含め、徹底した研究や備えによって組合員のいのちと生活を守っていきたい」と抱負を述べた。
 また、現在の経済状況については、「230円の牛丼ではなく、おいしい国産牛をつかった500円ぐらいの牛丼を誰でもが食べられるようになって初めて経済が復興したといえるのではないか」との私見を述べた。
萬代宣雄副会長 そのうえで、JA全農の果たすべき役割として、「農家組合員はもちろん、国産農畜産物を待っている消費者のためにも、安心して生活できる国づくりに貢献するのが我々の役目。全農があってよかった、と言われるよう、今年も引き続き努力していきたい」と誓った。
 萬代宣雄副会長も「JAや全農があって安心した、という国づくりをしたい。日本人の胃袋をしっかり確保し、農家の生活を守るべく、みなさんの協力を得て取り組みをすすめていきたい」と抱負を述べた。

(写真)
上:中野会長
下:萬代副会長


(関連記事)

【2014年 年頭所感】中野吉實氏(全国農業協同組合連合会 経営管理委員会会長)(14.01.01)

ゼウシくん、1月からアニメ化 JA全農(2013.12.24)

グリーンメッセージ始動 JA全農とキューピー(2013.12.05)

JA全農、「いいニクの日」で販促イベント(2013.12.03)

国産原料にこだわる「全農ブランド」開発(2013.11.20)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る