Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

販売事業、前年度比2.5%増 総合農協調査2014年4月25日

一覧へ

 農林水産省は4月24日、「平成24事業年度総合農協一斉調査結果」を公表した。販売品販売高・取扱高は約4兆3300億円で対前事業年度にくらべ2.5%増加したことが分かった。

◆女性役員17%増加

 調査結果は24年4月1日から25年3月31日までに事業年度が終了した717総合JAについて集計したもの。
 正組合員は5万5000人減少したが、准組合員が19万9000人増加したことから組合員総数は14万4000人増加して、997万8000人となった。
 役員数は前年度にくらべて80人減少(▲0.4%)するなかで、女性役員は998人と147人(+17.3%)増えた。職員数は21万1782人。4025人減少(▲1.9%)した。
 信用事業のJA貯金平均残高は89兆4708億円で1兆6967億円増加(+1.9%)した。一方、JA貸出金の平均残高は23兆1077億円で4004億円減少(▲1.7%)した。
 共済事業では長期共済の新契約高(保障共済金額の合計金額、以下同)は23兆4261億円で1兆6588億円減少(▲6.6%)した。保有契約高は297兆3299億円。6兆4010億円減少(▲2.1%)した。短期共済の掛金は4765億円で259億円増加(+5.7%)した。

◆米販売9.2%増加

 経済事業では、購買品供給・取扱高は2兆9571億円で91億円減少(▲0.3%)した。このうち生産資材は2兆667億円で144億円増加した。肥料(+3.2%)、農業機械(+3.3%)などが伸びた。生活物資は8904億円で235億円減少(▲2.6%)した。
 販売品販売高・取扱高は4兆3305億円で1045億円増加した。このうち農産物は3兆2397億円で688億円(+2.2%)増加した。野菜、果実は減少したが米が9.2%伸びた。
 畜産物は1兆908億円で357億円増加(+3.4%)した。肉豚、鶏卵は減少したが、生乳(+4.6%)、肉用牛(+11%)が伸びた。


(関連記事)

【TPP】JAグループ、林農相に要請(2014.04.24)

【コラム・ここがカンジん】協同組合と「経営」(2014.04.04)

4月1日、「JA紀州」が誕生 和歌山県8JAに(2014.04.02)

レイドロウ報告の衝撃(2014.04.18)

自民党が農協の役割を議論(2014.03.18)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る