JAの活動 ニュース詳細

2014.08.07 
小水力発電で冊子 JAグループ広島一覧へ

 中国小水力発電協会(事務局:JA広島中央会)は、このほど小水力発電についての小冊子を作った。農協などによる小水力発電の多い中国地方の取り組みを資料化して、後世に引き継ごうというもの。

地域の発展に貢献し続ける小水力発電の表紙 中国地方の小水力発電は、昭和27年の農山漁村電気」導入促進法を契機に、最盛期は100カ所の発電所があった現在でも53カ所で稼働している。平成24年に全量固定買取制度がスタートして、会員事業者の多くが施設の全面回収に意欲をそそぎ、次世代への引き継ぎを計画している。
 冊子は中国電力OBである岩田春政氏と、前JA広島中央会会長の村上光雄氏の対談形式。小水力発電と農協、および地域とのかかわりの歴史がよく分かる。


(関連記事)

暮らし続けるための法人 熊谷健一・農事組合法人となん組合長(2014.08.04)

再生可能エネ121先126億円を融資 日本公庫(2014.05.29)

再生可能エネルギーで地域自立と農業振興を JA全中・村上光雄副会長に聞く(2014.04.23)

「脱原発」 福島の現実から未来を拓こう(2014.04.21)

大震災の食品企業への影響 依然、被災地に(2014.03.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ