Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの機能、もっと発信を 全中の有識者会議2014年10月10日

一覧へ

 JA全中は10月9日に「JAグループの自己改革に関する有識者会議」(座長:杉浦宣彦中央大学教授)の第2回会合を開いた。

 杉浦座長によると▽JAの協同組織としての事業のあり方、▽地域の活性化に果たす役割、▽JAのガバナンスなどをめぐって委員の認識を共有するととともに、それに基づいた問題提起があったという。
 営農経済事業についてはさらなるコストダウンの努力が必要だといった指摘があった一方、川上と川下をつなぐJA組織としての役割と実績を広く発信するともに、持っている機能を十分に活かす改革も考えるべきといった意見もあったという。 また、准組合員が増えている現状での意思反映のあり方や多様なJA運営に携わる人材育成も課題になるとの指摘があった。
 JA全中は5年間の改革工程表を検討中と説明したが、3年程度の計画にすべきではといった意見もあったという。具体案は今後の会合で示していく予定で次回は10月20日に開催。全中、全農の改革についても意見交換される予定だという。


(関連記事)

【TPPと農協改革】解体させられた韓国の中央会 FTAで農協分割(2014.10.09)

【農業改革、その狙いと背景】地域・単協の声 全国へ集約を  田代洋一・大妻女子大学教授(2014.10.03)

米価下落につなぎ資金を 萬歳・JA全中会長(2014.10.03)

有識者会議を開催 JA全中(2014.09.08)

自己改革に向け総審で検討スタート JA全中(2014.08.18)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る