JAの活動 ニュース詳細

2015.09.15 
改革の具体化へ実行を-JAグループの有識者会議一覧へ

 JAグループの自己改革に関する有識者会議が9月11日に開かれ、第27回JA全国大会組織協議案について意見交換をした。

 有識者会議は今回が6回め。全中からJA全国大会組織協議案について説明を受けたあと委員から意見を聞いた。
 農業者の所得増大などを掲げた大会議案に盛り込まれた内容について「どう実行に移すか、具体化することが大事」と多くの委員が指摘しJAグループの実践に期待したほか、「ターゲットを決め目標数値やスケジュールを打ち出したほうがいいのでは」との指摘もあったという。
 座長の杉浦宣彦・中大大学院戦略経営研究科教授は「委員から(改革実行について)念押しをしたということ。JAグループの取り組みを信頼してもらうためには引き続き(第3者機関である有識者会議が)モニタリングさせてもらうことは大事ではないかと話した」と会合後に語った。杉浦座長によると奥野会長からも「大事なこと」との認識が示されたという。この日の会合で同会議としては一区切りし、今後の会合等は未定。ただ、杉浦座長は「委員全体で集まって(改革状況を)評価することはあっていいのでは」と話した。
 
(関連記事)

自己改革に指導力を JA全国大会議案協議西日本代表者会議 (15.07.30)

所得・生産拡大が柱 第27回JA全国大会組織協議案 (15.07.13)

JA全国大会協議案決まる (15.07.06)

JAの新たな協同組合像の確立を 第27回JA全国大会議案検討 (15.04.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ