Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

改革の具体化へ実行を-JAグループの有識者会議2015年9月15日

一覧へ

 JAグループの自己改革に関する有識者会議が9月11日に開かれ、第27回JA全国大会組織協議案について意見交換をした。

 有識者会議は今回が6回め。全中からJA全国大会組織協議案について説明を受けたあと委員から意見を聞いた。
 農業者の所得増大などを掲げた大会議案に盛り込まれた内容について「どう実行に移すか、具体化することが大事」と多くの委員が指摘しJAグループの実践に期待したほか、「ターゲットを決め目標数値やスケジュールを打ち出したほうがいいのでは」との指摘もあったという。
 座長の杉浦宣彦・中大大学院戦略経営研究科教授は「委員から(改革実行について)念押しをしたということ。JAグループの取り組みを信頼してもらうためには引き続き(第3者機関である有識者会議が)モニタリングさせてもらうことは大事ではないかと話した」と会合後に語った。杉浦座長によると奥野会長からも「大事なこと」との認識が示されたという。この日の会合で同会議としては一区切りし、今後の会合等は未定。ただ、杉浦座長は「委員全体で集まって(改革状況を)評価することはあっていいのでは」と話した。
 
(関連記事)

自己改革に指導力を JA全国大会議案協議西日本代表者会議 (15.07.30)

所得・生産拡大が柱 第27回JA全国大会組織協議案 (15.07.13)

JA全国大会協議案決まる (15.07.06)

JAの新たな協同組合像の確立を 第27回JA全国大会議案検討 (15.04.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る