JAの活動 ニュース詳細

2016.01.19 
【メッセージ】第61回JA全国女性大会開催にあたって 奥野長衛・JA全中会長一覧へ

変化の時代 女性組織の着実な実践に期待

JA全中・奥野会長 第61回JA全国女性大会の開催おめでとうございます。
 昨年は、農協法改正やTPP交渉の大筋合意など、JAグループにとって大きな転換が迫られた年であり、こうしたなか10月に開催された第27回JA全国大会では、現場の声を積み上げて、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を3つの基本目標として掲げ、「創造的自己改革」に挑戦していくことをJAグループの総意として確認しました。 自己改革の実践は、まさに組織の存在意義を問われる重要事項であり、緊張感を持って、全国の組合員、役職員と共に進んでまいりたいと思います。
 さて、JA女性組織は、これまでのJA女性組織3カ年計画について取り組んだ結果、フレッシュミズの組織数やメンバー数が増加したとのことですが、これは、とても素晴らしいと思います。社会全体の高齢化が進展していますが、組織の老化は、深刻な問題です。活力ある組織とするには、若い世代にどれだけ関心をもってもらい、関わってもらえるかが重要であり、こうした課題に着実に取り組んでおられる女性組織の皆さんに敬意を表したいと思います。
 また、日頃から女性組織の地域に根ざした活動は、日本の食と農のたいせつさを次の世代に伝える重要な役割を果たすとともに、深刻化する高齢社会にあって、人と人とのつながりの力で実践するたすけ合い活動などは、素晴らしい取り組みといえます。
 さらに、昨年6月、女性活躍推進法が制定され、12月には、第4次男女共同参画基本計画において、JAにおける女性役員比率を32年までに15%まで引き上げる目標が示されました。こうした環境下にあって、JA女性協の次期3カ年計画では、自ら高い目標を掲げて取り組むこととされています。そもそも女性参画は、国民の半数が女性であることを鑑みれば、今以上に参画をすすめていかなければならないことは明らかです。変化の時代に遅れることなく、課題に向き合うには、さらに多様な人達がJAに結集してこそ、真のパワーが生まれると確信しております。地域から必要とされるJAとなるために皆さんとともに自己改革に邁進していきたいと思います。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ