JAの活動 ニュース詳細

2016.02.15 
イチゴ収穫7割に回復! 「宮城復興応援フェア」 農業・農村ギャラリー"ミノーレ"で一覧へ

 JA全中は2月16日と17日の11時から14時、東京都・大手町にあるJAビル内の農業・農村ギャラリー”ミノーレ”で「宮城復興応援フェア」を開く。

 96haあった宮城県亘理・山元地区のイチゴの栽培面積の内、95%が津波の被害を受けた。現在、イチゴの収穫量が約7割に回復している。
 フェアでは、復興シンボルであるいちごの「もういっこ」をメインとし、環境保全米(農薬や化学肥料を通常基準の半分以下に抑えた米)の「ひとめぼれ」や旬の農産物を販売する。

(関連記事)
畜産・酪農 応援キャンペーンを実施-JA全中 (16.02.10)

生産基盤の強化に向け畜産経営継承支援事業を強化 JA全中 (16.02.09)

第45回日本農業賞 受賞者決定 JA全中・NHK (16.02.01)

組合員・職員満足の職場を JA全中が研修会 (16.01.25)

「とても嬉しくて、夢みたい」 「ごはん・お米とわたし」作画コン表彰式 JA全中 (16.01.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ