JAの活動 ニュース詳細

2019.01.29 
豪雨被害の愛媛でボランティア募集  JAひがしうわ一覧へ

 JAひがしうわは、昨年豪雨被害があった明浜町で農薬散布や水をまくためのスプリンクラーを修繕するボランティアを募集している。

昨年7月の豪雨被害で土砂崩れがあったかんきつ畑(写真)昨年7月の豪雨被害で土砂崩れがあったかんきつ畑

 

 柑橘栽培が盛んな愛媛県明浜町では、未だ豪雨被害の復旧がなされていない場所がある。
 そこでJAひがしうわは、経験に関わらず体力のある20歳以上の人なら誰でも参加できる「災害ボランティア」を1日あたり最大約25人募集している。土のうづくり、配管の掘り起こし、配管破損修繕など幅広い作業を行う。参加者には西予市内の入浴が無料で提供される。
 実施は2月16、17、23、24日の4日で、複数日の参加も可能。災害ボランティア保険に加入の上、専用フォーム(明浜町ボランティア受付フォーム)かFAXで申し込む。定員になり次第締め切り。
 なお、昼食は各自持参が原則。宿泊希望者には有償で近隣のビジネスホテルへのあっせんなどもあるので、申し込み時に相談する。
 一人でも多く参加してもらえるよう、遠方から自家用車で参加を希望する人には「高速道路減免申請書」を申請すれば有料道路の通行料金が免除される対応もある。詳しくは社会福祉法人西予市社会福祉協議会で。

 

(関連記事)
JAグループ支援隊 広島・愛媛に派遣-7月豪雨(18.09.19)
災害復旧で即戦力を急募 愛媛県(18.08.28)
西日本豪雨の爪痕、各地で生々しく 農業被害の実態把握に懸命(18.07.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ