左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全青協 新体制が発足 政策提案に力2019年5月24日

一覧へ

 JA全青協(全国農協青年組織協議会)は5月22日の総会で新役員が就任するとともに、令和元年度の活動計画などを決めた。23日には新役員が記者会見した。

20190524 ヘッドライン 全青協 画像1(前列)左から小林副会長、今野会長、杉山副会長
(後列)左から佐川理事、柿嶌理事、半田理事、河南理事、高原理事、田中理事

 

 今野邦仁新会長は「全国6万人の盟友は農業と地域の担い手であり政策提案集団。フットワークとネットワークを活かして活動したい」と話した。
 日米通商交渉やJA改革、基本計画の見直しや、多発する自然災害への対応など、「やらなければいけないことは多く、優先順位はつけられない」とし、JAグループの1組織として政策提案などに取り組んでいく意欲を示した。
 JAについては「災害対応などで協同組合の本質が問われたと思うが、JAグループの持つインフラ、人と総合事業で総力を結集し広範囲に日本全国で支援ができた。これがJAグループの持つ強み」だと話し、こうした理解を盟友に広げるためにも「JA改革とは出資している自分たちの意識改革だという考えが大事ではないか」と強調した。
 農政活動では離島農業振興や都市農業振興などを改めて盛り込んだポリシーブックを積極的に活用し政治、行政に対してだけでなく消費者に対して食と農の重要性を発信していく活動を重視する考えを示した。
 総会で決定した活動計画は▽JA経営参画に向けた人材育成、▽組織内外に向けた青年組織の意思反映強化、▽組織活性化にむけた未加盟組織の組織化と盟友数の拡大を柱としている。

 

【JA全青協新役員】

(会長)
▽今野邦仁(北海道・JA北ひびき)

(副会長)
▽杉山祥丈(静岡・JAしみず)「ポリシーブックには6万盟友の思いが詰っている。結集して発信していきた」。
▽小林大将(和歌山・JA紀北かわかみ)「フェイスブックなどで農業と青年部の魅力を伝えていきたい」

(理事)
▽佐川長範(秋田・JA秋田おばこ)
▽柿嶌洋一(長野・JA信州うえだ)
▽半田孝則(愛知・JA西三河)
▽河南聡寿(滋賀・JAグリーン近江)
▽高原弘雅(岡山・JA岡山)
▽田中圭介(福岡・JAにじ)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る