左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

みんなで花を 「よい花プロジェクト」スタート JA全中2020年3月13日

一覧へ

 JAグループは13日から「花を贈って応援~みんなのよい花プロジェクト~」を実施する。新型コロナウイルスに伴う自粛の影響で需要が大きく減少している式典用花き類の生産者を支えようというもの。国産の花を贈り、飾ってもらうことで、日ごろの感謝の気持を伝え応援する。13日、キックオフのセレモニーを行った。

よい花プロジェクトJA全中の中家会長から花束を受けるJA女性協の加藤会長

 このプロジェクトでは、JAグループ関係団体へ、家族・友人へのお祝いや感謝、ホワイトデー、卒業、送別などの利用をJAグループ関係団体へ呼びかける。また職場内の花飾りや花贈り、コサージュ着用などを勧める。さらにJAグループが取り組んでいる「みんなのよい食プロジェクト」と連携したJAグループウェブサイトやSNSなどを利用した情報発信に努める。

 JA全中はこの運動のキックオフとして、ホワイトデー前日の3月13日、東京都千代田区大手町のJAビルでJA全中の中家徹会長が、JA女性協の加藤和奈会長に花束を贈り、運動のスタートを切った。

 中家会長は「需要期の花の消費が激減し、廃棄する産地もある。よい食プロジェクトの一環として、日ごろお世話になっている人に花を贈り、また職場や家庭でも花を飾ってなごんでほしい」と、花の利用を呼びかけた。

 このプロジェクトと同時にJA全国女性組織協議会と全国農協青年組織協議会(JA全青協)が連携して11日から「食べる 飲む 飾る 産地応援プロジェクト」に取り組み、牛肉、牛乳、花の消費を呼びかけている。

 セレモニーで加藤会長は「牛肉や牛乳の消費が減っている。辛い思いをしているのは畜産農家も同じ。タッグを組んで産地を支援したい」と述べ、JA全青協の今野邦仁会長とともに、山田俊男・藤木眞也参議院議員に花束を贈り協力を求めた。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る