Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農協に手伝ってもらえば間違いない」特別定額給付金の申請サポートが好評 JA梨北2020年6月23日

一覧へ

山梨県のJA梨北は、新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策として国が1人あたり10万円を支給する特別定額給付金の申請手続きについて、必要書類の作成やコピーなどを支援するサポートを始めた。

特別定額給付金の申請サポートを知らせるチラシを持つJA職員特別定額給付金の申請サポートを知らせるチラシを持つJA職員(山梨県韮崎市)

サポートの取り組みは5月中旬から各支店で順次スタート。組合員からは好評で6月17日時点で約1200世帯が利用したという。

同給付金の申請は、外出や対面による手続き時の感染リスクを下げるため、オンラインや郵送による方法が採られている。しかし、近所にコンビニもなく、交通手段もない高齢者は、本人確認証のコピーをはじめとする書類の作成もままならず、給付金の申請に苦慮している。また、便乗の偽サイトや電話、訪問詐欺など、さまざまな犯罪やトラブルが発生しているため、JAでサポートすることを決めた。

5月に配布した広報誌「梨北」に、JAによる申請サポートを伝えるちらしを折り込んだ他、ホームページなどを通じて組合員や地域に呼びかけたところ、JAの支店・出張所に多くの問い合わせがあり、職員が書類のコピーや作成をサポートしている。組合員からは「農協さんに手伝ってもらえば間違いない」などと好評だという。

同JAは、日ごろから地域密着型の総合事業を展開しており、信用専任渉外・共済専任ライフアドバイザー(LA)の他、営農指導の巡回、購買専任の地域農業の担い手に出向くJA担当者(TAC)の営業活動に力を入れている。また、全戸訪問の外務活動により、地域住民との信頼関係を構築し、犯罪の危険を回避するだけでなく、利用者に幅広く対応するサポートを展開している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る