Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農 契約栽培米多収コンテスト 会長賞に902kgの菊地茂光さん(JA水戸)2021年4月1日

一覧へ

JA全農は3月31日、2020(令和2年度)JA全農契約栽培米多収コンテストの結果を発表した。JA全農会長賞にはJA水戸の菊地茂光さんが選ばれた。

JA全農は安定取引が見込める業務用実需者との結びつきを強めて稲作生産者の経営安定を図ろうと、生産者に多収米の契約栽培を提案している。コンテストはこうした生産提案型事業の推進の一貫として、栽培技術と生産意欲の向上を図ろうと生産者に参加を呼びかけ今回で3回目となる。

JA全農会長賞の菊地さん(前列左から3人め)理事長優秀賞の金田さん(前列左から2人め)JA全農会長賞の菊地さん(前列左から3人め)理事長優秀賞の金田さん(前列左から2人め)

会長賞(単位収量の部)を受賞した茨城県・JA水戸の菊地茂光さんは初の参加。「とよめき」を栽培し、10aあたり902kgを収穫した。地域単収より10a384kg多かった。

また、理事長賞の地域平均単収からの増収の部での最優秀賞は兵庫県・JA兵庫六甲の檜田幸吉さん。品種は「とよめき」で単収は10a897kg。地域平均単収から同444kg増だった。

JA全農によるとコンテスト参加者は土づくりへのこだわりが感じられるという。参加者のほ場には注目が集まり、周囲の生産者との情報交換やJAとの結びつきが生まれている取り組みも出てきたという。

今回は12県(秋田、宮城、福島、茨城、栃木、埼玉、岐阜、三重、兵庫、鳥取、岡山、愛媛)442名が参加した。

契約栽培で生産された多収米は回転寿司やパックごはん、冷凍米飯などへ供給される。JA全農はJA低利用・未利用者も含めて大規模生産者に対して、生産・集荷・販売までの一連の取り組みとなる多収米の生産提案に取り組むことにしており、コンテストは2021年産でも実施することにしている。

【優秀賞】(敬称略)
○金田富夫(茨城・JAなめがたしおさい)<とよめき 反収860kg、地域との差341kg)
○富樫英悦(秋田・JAあきた北)<ちほみのり 反収888kg 地域との差335kg>
○柴田康孝(秋田・JA秋田ふるさと)<ちほみのり 反収883kg 地域との差305kg>
○西中克仁(兵庫・JA兵庫六甲)<とよめき 反収756kg 地域との差303kg>
○石垣勝敏(秋田・JAあきた北)<ちほみのり 反収849kg 地域との差296kg>

理事長最優秀賞の檜田さん(前列左から2人め)、優秀賞の西中さん(前列左から3人め)理事長最優秀賞の檜田さん(前列左から2人め)、優秀賞の西中さん(前列左から3人め)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る