Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

青ねぎ収穫研修会を開催 JA全農とやま2021年6月14日

一覧へ

JA全農とやまは6月7日、令和3年度の野菜生産基盤の強化策の一つとして掲げた園芸振興策にもとづき、青ねぎ収穫研修会を開催した。研修会には生産者をはじめ、JAや県職員など約20名が参加した。

説明に熱心に耳を傾ける生産者やJA、県職員説明に熱心に耳を傾ける生産者やJA、県職員

研修会では、JA全農とやま栽培実証ほ場の青ねぎ栽培の概要について説明。その後、ほ場やJA全農とやま野菜センターの視察を行い、収穫からコンテナ詰めまでの一連の選別調製を確認した。

富山県広域普及指導センターから、既存品目の前後作の提案が行われ「青ねぎの収穫期は6~12月と期間が長く、既存品目の前後作として導入できる」と説明。輪作体系の組み合わせの例として、「馬鈴薯+青ねぎ」「青ねぎ+夏播き人参」が紹介された。

JA全農とやまでは引き続き、畝立機や定植機のレンタルを行い、生産者やJAと一体となった生産拡大に取り組んでいく。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る