Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業機械展示会に約2000人が来場 JA全農山形2021年6月18日

一覧へ

JA全農山形は6月12、13日の2日間、山形県三川町のJA全農山形庄内農機センターで「JAグループ山形農業機械展示会ビッグフェア2021」を開催した。

農業機械展示会の様子農業機械展示会の様子

昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったが、今年は事前申し込みによる入場規制をして開催され、2日間で約2000人が来場した。

当日はトラクタや田植機、コンバイン、ドローンなど、最新の農業機械を約300台展示。JA全農山形が普及拡大に取り組んでいるスマート農業技術の紹介ブースも設置された。

また、会場内には、JA全農の営農管理システム「Z-GIS」や水田用自動給水機「アクアポート」について、JA全農山形の職員が、実際のシステム操作画面や給水機の実物を見せながら紹介した。

JA全農山形生産資材部では、7月13日までを「ビッグフェア」事後推進期間として、生産者に向けた最新農業機械のPRに力を入れていくことにしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る