人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

「今金男しゃくオーナー制度」15日から受付開始 JA今金町2023年5月8日

一覧へ

JA今金町は、地理的表示(GI)保護制度に認証された「今金男しゃく」と、JA今金町オリジナル加工品をセットにした「今金男しゃくオーナー制度」の受付を、5月15日から開始する。

「今金男しゃくオーナー制度」15日から受付開始 JA今金町

「今金男しゃく」は、昭和30年に「今金男しゃく」として銘柄を確立し、60年以上にわたって品質へのこだわりを追求してきた。種芋は原種・種子・食用と親子三代を同町内で生産され、13.5%と高いライマン価(でんぷん量)を基準値とするなど、徹底した品質管理を実施。2019年9月に、農産物などに与えられる国のお墨付きである「地理的表示(GI)保護制度」を取得した。

また、今金男しゃくオーナー制度は、GI登録を契機に、産地からの情報発信・地産地消の促進を目的として2021年6月に設立。今金男しゃくは、9割以上が東京など関東地方へ出荷されていることから、北海道民の認知度が低く実際に食べられる機会も少なかったため、JA今金町は、「もっと今金男しゃく食べて欲しい、今金町を知って欲しい」という想いから、2021年7月に道民限定でオーナー制度を始めた。初年度は、500口以上の参加数で、道外からも多数問い合わせがあったため、令和4年度からは取り組みを全国に拡大した。

全国的に農業者人口が減少し国産ジャガイモの生産量も減少する中、今金町でも地域を支える農業者が持続的に農業を行い食料の生産を続けていくための仕組みが必要となる。JA今金町はその一環として、同制度を通じて産地を知り地産地消に繋げ、農村が持続していける好循環の一助となることをめざしている。

「今金男しゃくオーナー制度」では、今金男しゃく3キロの他、JA今金町オリジナルカレー4個(「今金男しゃく黒毛和牛カレー」濃厚まろやか2個、スパイシー2個)など10点が入った加工品の詰合せを届ける。また、11月には札幌市でオーナーと「今金男しゃくフォーラム&スープカレーパーティ」を開き、交流の場を予定。「商品を販売する」だけではなく、消費者とともに今金町と「今金男しゃく」を盛り上げたいという想いを「オーナー制度」に込めている。

◎「今金男しゃくオーナー制度」概要
詰合せ内容:一口につき以下の10点が1セット。
・今金男しゃく3kg
・JA今金町オリジナルカレー4個(「今金男しゃく黒毛和牛カレー」濃厚まろやか2個、スパイシー2個)
・JA今金町オリジナルレトルトご飯3個(「今金濃米」ななつぼし・ふっくりんこ・ゆめぴりか各1個)
・ポテトチップス今金男しゃく2個

受付期間:5月15日~9月30日(10~11月に発送予定)
参加料:道内に配送は一口6500円/道外に配送は一口7000円
募集口数:800口

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る