JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2019.05.21 
新年度の意気込み示す一覧へ

 2018年度が終わり、新年度に入った。4月はそのスタートの月で、役員改選や機構改革、職員の新採用など、年に1回の行事やイベントが重なる。JA改革も、今年度は中間総括が求められる。年度替わりの話題を拾った。

◆研修会の紹介で
JA尾張中央「ふれあい」JA尾張中央「ふれあい」

 新年度の新鮮な話題は新人職員の採用であろう。多くの広報誌が新規採用職員紹介のページを設けているが、最近はJAが大規模化して採用者数が多く、名前と所属だけの紹介になっているところが多いのは残念だ。そのなかでJA尾張中央の「ふれあい」は、新採用職員の研修会に焦点を当て、研修会の雰囲気を紹介することで、経営陣の期待や新採用職員の意気込みを写真と見出しでうまく伝えている。

 

◆県1JAスタート
JA山口県「JAやまぐちけん」JA山口県「JAやまぐちけん」

 山口県の12JAが一つになり4月1日発足した。新JAの「JAやまぐちけん」は、表紙のテープカットの写真を含め、7ページにわたってこれを紹介。金子光夫新組合長の「あいさつ」、新役員の紹介、新JAの基本方針と、必要なことを要領よくまとめてある。最後に新採用職員の入組式をさりげなく、しかし新農協発足に負けない扱いで紹介しているのは、新農協への期待を感じさせる。

 

◆改元に合せて
JA横浜市「Agri横浜」JA横浜市「Agri横浜」

 元号が平成から令和に替わった。JA横浜市の「Agri横浜」では、元号をキーワードに大正・昭和・平成生まれの3人の農家が登場。それぞれ「生きていくための自給自足」、「庭づくりブームの植木」、「都市農業の野菜」と、その時代を反映した農業として代表させている。愛用の農機や父の思い出など各自のエピソードを加え、うまく編集してある。改元に合せた発想がよい。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ