Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

写真・レイアウト・内容【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2021年4月24日

一覧へ

前号(3月31日付)に続いて「人」を取り上げた広報誌を紹介する。人物の紹介には、写真と構成(レイアウト)、内容の三つのポイントがある。写真とレイアウトで読者の目を引き付け、内容で読者を納得させる。この三つの視点から各JAの広報誌をみると……。

次代への期待込めて JAいわて平泉「KOSHIERU」次代への期待込めて JAいわて平泉「KOSHIERU」

合併以来、79回を数える長期連載である。「黄金の郷 こしぇるびと つむぐストーリー」と、盛りだくさんのタイトルだが、平仮名が多く、圧迫感が感じられない。3月号まで、写真は見開きの半分、1ページ分だけだったが、4月号から2ページに拡大し、文字を組み込んだため紙面の一体感が出て、見た目も柔らかくなった。

「こしぇる」は「コンシェルジュ」(客のリクエストに応えるプロフェッショナル)と、「こしらえる」を合わせた意味。「つむぐストーリー」は、担い手が少なくなるなかで、次代へ農業がつながるよう期待を込めた。

読み易いレイアウト JAあいち知多「あぐりっ子」読み易いレイアウト JAあいち知多「あぐりっ子」

「農と人 絆をつなぐ 知多農人」のタイトルにJAの思いがこもる。22回目を迎える4月号では、第30回花の国づくり共励会花き技術・経営コンクールで農水省生産局長賞受賞の生産者の取り組みを紹介している。紙面全体からみて、やや文章が多い感もあるが、要点がうまく整理されており、見出しの長さ(文字数)も適切で、写真の配置を含め、読み易いレイアウトになっている。

ただ、本人の作業中の写真は枚数を減らしてもいいのでは。また中見出しの「農業で頑張る若い人を支援していきたい」は、主見出しとダブる。

支店職員がレポーター JA島原雲仙「こぶれ」支店職員がレポーター JA島原雲仙「こぶれ」

人物紹介にはこんなやり方もあるという見本だといえる。「支店対話室」のタイトルで、当該支店の職員が、インタビューする形で生産者の経営内容や農業への思いを聞きだしている。4月号のレポーターは支店の金融担当の女子職員。「奥様にひとこと」など、率直な問いかけがよい。

広報誌の「こびる」は「おやつ」「間食」の「小昼(こびる)」を意味するが、まさに「こびる」気分の軽やかさが感じられる。JAグループはJA改革で組合員との「対話」活動を重視しているが、職員にもいい経験になるだろう。

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る