Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JA全農部長インタビュー「全力結集で挑戦 未来を創る-2021年度事業計画」

JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画2021年5月10日

一覧へ

本紙はJA全農の2021年度事業計画を事業部別に紹介する各部長に聞くシリーズを企画した。JA全農は、最重点施策である「生産基盤の確立」、「食のトップブランドとしての地位の確立」、「元気な地域社会づくりへの支援」、「海外戦略の構築」、「JAへの支援強化」を加速化するとしている。これに各部がどう取り組むか、情勢認識や事業の重点、各部長の思いを語ってもらう。(随時掲載)


竹内仁  フードマーケット事業部長 JAタウンなど販売事業で農業発信

宗村達夫 くらし支援事業部長 地域の暮らし基盤を支援

住吉弘匡 輸出対策部長 マーケットイン型の事業確立へ

宗和弘   耕種総合対策部長 農家手取り最大化に力

山本貞郎 米穀部長 販売力強化で手取り向上に結びつけ

栗原竜也 米穀生産集荷対策部長 種子からのバリューチェーン確立へ

神林幸宏 園芸部長 広域集出荷施設でJAと役割分担

土屋敦  総合エネルギー部長 電力事業も加え地域のインフラを担う

武藤宗臣 麦類農産部長 生産者と事業者 強い絆結び生産振興へ

由井琢也 畜産生産部部長 研究開発、海外事業で国内畜産支える

小林茂雄 畜産総合対策部長 生販一体化の事業方式構築へ

深松聖也 酪農部長 需給調整機能を強化し生産基盤を確立

冨田健司 耕種資材部長 JAと全農一体で生産者起点の事業へ転換

根倉修  施設農住部長 JAのインフラ整備支援 機動的に

山田尊史 営業開発部長 販売力強化に向け「懸け橋機能」発揮

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る