人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

JAの活動:JA新組合長に聞く

【'24新組合長に聞く】JAみな穂(富山)矢木龍一組合長 環境整備し職員に恩返し(5/25就任)2024年7月3日

一覧へ

役員の改選期を迎え、全国のJAで新しい組合長が誕生している。折しも「基本法」(食料・農業・農村基本法)が25年ぶりに改正となり、これからの農業の方向が示されたが、具体的な施策はこれから。一方でJAグループは、今年10月の第30回JA全国大会を控え、いま組織協議が進んでいる。この重要な転換期に農業・JAについてどのようなビジョンをもってJAの運営に臨むか。5月25日就任した富山県JAみな穂の矢木龍一組合長に聞いた。

JAみな穂組合長 矢木龍一氏JAみな穂組合長
矢木龍一氏

富山県東部に位置するJAみな穂は管内農地のほとんどが水田で、清流黒部川が育んだ大地と豊富な水に恵まれた富山県屈指の良質米の産地です。チューリップ球根、入善ジャンボ西瓜、アスパラガスも生産されています。

管内でも、離農、担い手減少が課題となっています。集落での事業承継、のれん分け、新規就農支援など地域の事情に応じたきめ細かい対応で、担い手が体力をつけられるようにするのが課題です。

先の国会で成立した食料・農業・農村基本法は、条文は良いと思いますが、食料安保にせよ価格転嫁にせよ具体化はこれからで、枠はできてもまだ色が塗られていません。藤木眞也参議院議員(自民党農林部会長代理)は全青協以来の盟友です。立場は違えど協力しながら、中途半端に終わらないよう基本法に絵付け、色付けをしていく所存です。

私はメガファーム出身で、農協職員に育てられ農協と共に成長してきました。その恩返しも含め、職員が元気でやりがいが持てる環境を作っていこうと思っています。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る