JAの活動 特集詳細

特集:年頭あいさつ2015

2015.01.01 
浅田 克己 氏(日本生活協同組合連合会 会長)一覧へ

 平成27年の年始にあたり、協同組合組織から農業協同組合新聞・JAcomに寄せられた年頭のごあいさつを紹介します。

地域社会を支える組織として
組合員・消費者のくらし支える


浅田 克己 氏(日本生活協同組合連合会 会長) 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は4月に、1997年以来17年ぶりとなる消費税の増税がありました。その影響は大きく、国内総生産(GDP)は、4〜6月期に年率換算で▲7.1%まで落ち込み、プラスになると予想されていた7〜9月期でも年率換算で▲1.9%となりました。
 消費税増税だけなく、電気料金の値上げや円安や原料高などによる食品の値上がりなど、組合員のくらしは以前にも増して厳しい状況が続いています。生協はこうした現実にしっかりと向かい合い、組合員のくらしを守るための事業と活動を推進していく所存です。

◇   ◇

 東日本大震災から4年が経とうとしています。また昨年は、広島での土砂災害をはじめ、全国各地で自然災害による甚大な被害が発生しました。こうした災害に対し、全国の生協は被災地、被災者に寄り添う支援に取り組んできました。引き続き復興支援を重要課題とし、取り組んでまいります。
 この間、地域のくらしを支える活動が全国で取り組まれています。特に昨年は、地方自治体との間で「地域見守り協定」の締結が飛躍的に広がりました。また、「災害時支援協定」の締結や、高齢者や買い物弱者支援の配食事業、移動販売車の取り組みなどを通じて、地域とのつながりを深めつつあります。これからも助け合いの組織として地域社会を支えるとともに、地域コミュニティへの参加をよりいっそう強めてまいります。

◇   ◇

 本年は、コープ商品への信頼と愛着を広げる取り組み「ラブコープキャンペーン」の2年目にあたります。全国の会員生協と一体となって、コープ商品への結集を強め、商品一品一品の価値向上と、その価値を多くの組合員・職員に伝える取り組みを広げていきます。
 本年も、生協の活動に対する皆さまの一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ