Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:私の意見・提言 JAへエール

コロナ禍 いまこそ協同の精神 愛媛県JAえひめ南元組合長 林正照【私の意見・提言 JAへエール】2020年8月11日

一覧へ

JAグループの「組合員調査」でも明らかなように、JAは食や農、地域の地域インフラなどで重要な役割を果たし「なくてはならない組織」として評価されている。しかしJAのことは、国民に広く知られているとは言えず、自己PRが下手といわれても仕方ない。コロナ禍で不安の高まるなか、全国のJA組合長や農協協会主催の「農協人文化賞」の受賞者などに手紙を出し、農業・JA・社会から政治・経済まで、意見・提言を呼び掛けた。寄稿のあったものから随時掲載する。自由に意見を述べる場としたい。

ehime_hayashi.jpg愛媛県JAえひめ南元組合長 林正照 氏

新型コロナウイルス感染症は、大都市を中心に衰えることなく、ややもすると第2波、第3波の可能性を秘め、私たちの命を脅かすと同時に、国民に強い不安を与え、対応に苦慮しているところである。今年2月中国武漢市の発生源で、短期間のうちに世界中に感染が拡大したウイルス。過去1918年~1920年、ちょうど100年昔アメリカから発生したスペイン風邪、インフルエンザA、死亡者数5000万人~1億人といわれ、昔も今も今後も、人と人との戦いから、ウイルスとの戦いが最も重要視される時代を迎えたといえる。

国内においては緊急事態宣言は解除されたとはいえ、毎日100人を超える感染者が発生し、安全であるとは言い難く、3密(密集、密着、密閉)を克服するために、マスクの着用や手洗い、人と人との距離を保ち、イベント行事を廃止。国外や都道府県を超えての移動を自粛、スポーツや伝統ある地域の祭りや行事も自粛や中止となった。特に残念なことは、夢のある高校野球の取りやめ、スポーツの祭典オリンピックまでが来年度に、過去経験したことのない大きな行事まで中止や延期は、若者にとって図りしれないものではないか。

先の見えないウイルスと戦い、少しでも元気づけようと、さまざまな活動は従来思いもよらなかった姿に心を癒してくれる。一方で中小企業や個人経営者も知恵をしぼって、前向きに取り組んでいるが、100%能力を発揮できる日は予想が立たない。そうなると新型コロナウイルス感染症を契機に、従来の経営のあり方から改革の必要性が問われ、私たち高齢者は置き去りになるが、インターネットやAI等、物の取引、代金決済方法も大きく変わることになるのではないか。今回を機会に一極集中型から分散型へ、都市から地方へと拠点を移すことで良くなれば、国も安定し同時に将来発生するであろう、ウイルス対策について対応できるのではないか。

今地方では、少子高齢化で過疎化が進み、限界集落などを耳にする。わが地域の状況は、ミカン産地として経営を維持してきたものの、後継者問題が深刻で放任園が増加しつつ、5年先を心配している。しかし、現時点では共同防除など若い農業者が頑張っていること、中山間直接支払い制度の恩恵もあるが、さらに農協の支援も必要としている。

農協は組合員のための農協か、職員のための農協か。組合員も高齢化し家族構成も少なく、地域人口は減少が著しい。しかし今こそ、1人は万人のために、万人は1人のためにの精神で、頼れる農協として、農と暮らし守るために頑張っていただき、組合員が寄り添う農協になってほしい。その原点は、職員教育に力を注いでもらいたい。

(関連記事)

私の意見・提言 JAへエール

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る