左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城で海苔用ダンボールの費用助成 農林中金2014年1月16日

一覧へ

 農林中央金庫は東日本大震災被災地の農林水産業復興に向けた「復興支援プログラム」を活用して宮城県漁協へ海苔の共同出荷用ダンボールケースの費用を助成した。1月14日にJFみやぎ塩釜総合支所で贈呈式を行った。

金庫復興対策部の西沢部長(左)から、宮城県漁協相澤海苔部会長へ目録贈呈  同金庫は、これまでも復興支援プログラムを活用し、宮城、岩手の漁協への支援を行ってきた。
 海苔の養殖は宮城県の主力漁業のひとつであり、生産者の協業化や国の補助事業の活用などにより生産量が本格的に回復してきたことで、現場からの支援の要請があり、同金庫がそれに応じた。
 助成は平成25、26年の2年間。養殖漁業者が購入する共販用ダンボールの購入価格約340円(1個)のうち300円を支援する。2年間で約28万ケース、計約8400万円を助成する予定。
 贈呈式で、西沢肇農林中央金庫復興対策部長は「震災で宮城の海苔養殖も大変な被害を受けたが、年を追って生産が戻ってきていると聞く。共販ダンボールの費用助成が、みちのく寒流のりをはじめ、宮城県の漁業の復旧・復興の後押しとなれば」とあいさつした
 菊地伸悦JFみやぎ経営管理委員会会長は、前年に引き続いての助成に感謝し、「今年も安全で品質の高い海苔を出荷したい」と期待を込めた。相澤良弘同海苔部会長は「震災で陸上施設の多くが損壊し、またともに海苔養殖をがんばってきた仲間を失ったが、いまでは徐々に生産も戻ってきている。こうした時期に共販ダンボールの費用助成を頂き、感謝の気持ちでいっぱい」と謝辞を述べた。

(写真)
金庫復興対策部の西沢部長(左)から、宮城県漁協相澤海苔部会長へ目録贈呈


(関連記事)

JA貯金、伸び率2.1% 農林中金(2013.12.27)

岩手の魚市場へスカイタンク贈る 農林中金(2013.12.20)

【訃報】角道謙一さん(元農林中金理事長)死去(2013.12.10)

JA貯金、伸び率1.9% 農林中金(2013.12.02)

経常利益1435億円 農林中金26年度半期決算(2013.11.22)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る