農政 ニュース詳細

2014.03.10 
国会決議実現と基本農政確立で決議 全中総会一覧へ

 JA全中は3月7日に開いた第60回通常総会で「TPP交渉における国会決議の実現と基本農政の確立に向けた決議」を採択した。

◆自らの改革に挑戦

 決議では、農業・農村を取り巻く現在の状況について、TPP(環太平洋連携協定)交渉は2月閣僚会合で大筋合意には至らなかったものの「4月下旬のオバマ大統領来日に向け予断を許さない厳しい局面が続いている」ことを指摘。
 また、国内の農政改革では「農林水産業・地域の活力創造プラン」の策定と新基本計画への検討が始まったことに合わせ、農協改革の議論もなされているが、こうした状況のなかでJAグループは「将来にわたって食と農を基軸に地域に根ざした協同組合としての使命と役割を果たす」ため、「自らの改革に挑戦していかなければならない」と強調した。

◆被災地の営農再開へ全力

 さらに震災から3年が経過した被災地では農地の6割しか復旧しておらず営農再開に向け、JAグループは被災地復興に全力を尽くすとした。そのうえで以下の事項について組織の総力を挙げて取り組むことを決議した。
▽TPP交渉において「米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物などの農林水産物の重要品目を除外または再協議の対象とする」とした国会や自民党の決議が実現するよう、全力を挙げた取り組みを展開する。
▽農業者の所得向上に向けた農業改革と、日本型直接支払などの地域政策の一層の充実を図るとともに第26回JA全国大会決議の実践を加速化し、農業の成長産業化と地域の活性化に向けて、自ら営農・経済事業の革新を行い、改革に向けた取り組みを着実に進める。
▽26年産米については過剰作付の解消を含め、生産数量目標を確実に達成し、飼料用米などの非主食用米や、麦・大豆等のさらなる生産拡大など、水田フル活用の取り組みを強力に進める。


(関連記事)

【TPP交渉とこれからの日本農業】多国籍企業と諸国民が対立(田代洋一・大妻女子大学教授)(2014.03.10)

被災経営体 5割超で再開  震災から3年(2014.03.07)

26年産、3900ha作付け再開へ 福島県(2014.03.07)

早期妥結に努力 政府は強調(2014.03.06)

豪雪の農業被害668億円 JA全中調査(2014.02.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ