農政 ニュース詳細

2014.03.27 
記録的な大雪で売上げ前年下回る一覧へ

 日本フードサービス協会は、協会会員社を対象とした26年2月度の「外食市場動向調査」をまとめた。

 2月は太平洋側を中心に2度の大雪に見舞われ、客足に大きな影響を与えた。また、関東甲信地方では一部地域で物流にも影響し、営業時間の短縮や休業を余儀なくされる店もあり、売上げに大きなダメージとなった。
 外食産業全体では、客単価は前年同月比102.1%と伸びたが、客数が95.2%と落ち込んだため、売上げは97.2%と4カ月ぶりに前年を下回った。
 業態別には、ファーストフードの売上げは96.6%と前年を下回った。
 ファミリーレストランは、路面店を中心に雪の影響が大きく、客数が98.9%と前年を下回ったが、客単価が101.5%と堅調で、売上げは100.4%と、この業態だけが前年を上回った。
 パブ・居酒屋は、客数が92.5%となり、売上げも89.8%と大幅に前年を下回っている。
 ディナーレストランも、雪の影響で客数が減り、売上げは98.7%だった。喫茶も新メニュー投入で客単価が102.0%と増えたが、売上げは98.6%と前年には届かなかった。

(関連記事)

外食市場売上げ2年連続上昇 日本FS協会(2014.02.06)

米国産コメ 外食市場狙うカリフォルニアのバラ(2013.12.02)

売上げ6カ月ぶりに前年下回る 外食産業(2013.11.27)

外食産業の市場規模32兆円 富士経済(2013.08.29)

売上げ2カ月連続で前年上回る 外食産業(2013.07.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ