Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

外食産業の市場規模32兆円 富士経済2013年8月29日

一覧へ

 (株)富士経済は今年5月から7月にかけ、国内の外食産業市場の実態を調査。その結果を報告書『外食産業マーケティング便覧2013』としてまとめた。

 この報告書によると、2013年の外食産業(14分野129業態)全体は、前年比0.3%増の32兆3722億円の規模になると見込んでいる。
 各分野をみるとファストフードのように好調な分野が存在する一方で、料飲店や日本料理など現状に課題を抱え企業戦略の転換と新しい付加価値の提案が求められる分野もあり、明暗が明らかになっていると分析している。
 主な分野の13年の見込みは次の通り。
▽テイクアウト(13業態)6兆1421億円(前年比100.8%)
▽料飲店(9業態)5兆8408億円(同99.3%)
▽宿泊宴会場(5業態)3兆7930億円(同99.8%)
▽給食(7業態)3兆6988億円(同100.4%)
▽ファストフォード(21業態)3兆793億円(同103.3%)
▽日本料理(14業態)2兆6967億円(同98.9%)
▽喫茶(9業態)1兆4093億円(同98.9%)
▽ファミリーレストラン(9業態)1兆2999億円(同100.9%)
▽東洋料理(6業態)1兆2924億円(同100.8%)
▽ホームデリバリー・ケータリング(7業態)1兆1843億円(同100.3%)
▽レジャー施設(10業態)9855億円(同99.3%)
▽西洋料理(11業態)7477億円(同101.2%)


(関連記事)

売上げ3カ月連続で前年比増 7月の外食産業 (13.08.28)

売上げ2カ月連続で前年上回る 外食産業(2013.07.26)

5月の外食産業の売上、2カ月ぶりにプラス(2013.06.27)

外食産業市場、前年比1.5%増、23兆円と予測(2013.06.19)

客数は前年比2%増 4月の外食産業調査(2013.05.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る