農政 ニュース詳細

2014.06.06 
雪害支援で5000万円カンパ パルシステム一覧へ

 パルシステム生協連は、2月の記録的な大雪で被害にあった産直産地を支援するために、同生協組合員にカンパを呼び掛けていたが、約5000万円が集まったので、被害状況に応じて贈呈することにした。

 パルシステムの産直産地で、大雪の被害を受けたのは岩手・山梨・群馬・茨城・埼玉・千葉・神奈川・静岡の27産地で、施設の倒壊などによる被害総額は15億円を超えている。
 パルシステムでは、3月3日から5月2日までの9週間にわたり、組合員に緊急支援カンパを呼び掛けた。その結果、4992万1755円のカンパがよせられた。
 このカンパ金は、被害状況に応じて配分され、6日以降に各産地で贈呈式を行い贈呈されることになっている。


(関連記事)

全国の生協などが農協つぶしに抗議(2014.06.02)

「農協の制度改革に強い懸念」JJCが声明(2014.06.02)

広がる生協の「地域見守り協定」(2014.04.11)

カキ収穫量15%減、低温が影響(2014.04.08)

雪害対策で奮闘するJA全農(2014.03.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ