農政 ニュース詳細

2015.06.03 
「6次産業化法」認定41件 農水省一覧へ

 農水省は5月29日、「6次産業化・地産地消法」に基づき、申請された事業計画を認定した。今回の認定件数は41件で、これで認定累積件数は2126件となった。

 認定には総合化事業計画(農林水産物等の生産・加工または販売を一体的に行うもの)と、研究開発・青果利用事業計画(研究開発およびその成果を行うもの)がある。認定を受けると農業改良資金の償還期限の延期等の特例がある。次回の認定は今年10月末。
 今回の認定で、総合化事業計画が2100件、研究開発・青果利用事業計画が26件となった。
 総合化事業計画の認定件数が最も多いのは北海道で117件。次いで兵庫県の99件、長野県の91件、宮崎県の82件、熊本県の76件となっている。事業内容は加工・直売が68.9%で最も多く、加工(19.9%)、加工・直売・レストラン(6.5%)が次ぐ。
 対象農産物は野菜が最も多く31.8%。次いで果樹(18.4%)、米(11.8%)、畜産物(11.5%)の順となっている。

 

(関連記事)

A-FIVE出資59件に 農林漁業成長産業化支援機構 (15.05.14)

3件の支援決定 農林漁業成長産業化支援機構 (2015.04.09)

JA常陸「米発酵アイス」が大賞 6次産業化 (2015.02.17)

茨城の冷凍惣菜づくりに出資 JA6次化ファンド (2015.01.16)

岡山、沖縄で新たに出資 A-FIVE(2014.12.15)

 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ