Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「福島の今、~語られない被害と起民への動き~」 講演会2015年11月16日

一覧へ

生活クラブ生協・埼玉

 生活クラブ生協・埼玉は、東日本大震災そして東電福島第一原発事故によって埼玉県に避難し、戻りたいけれど戻れない被災者のこれからを考えるために、藍原寛子氏の講演会「福島の今を埼玉で考えよう~語られない被害と起民への動き~」を開く。

 東日本大震災、そして福島第一原発の事故から4年半余り。当時、埼玉県でも、さいたまスーパーアリーナに双葉町民2177人が避難。その後旧騎西高校に移動し1423人がペットと共に避難生活をおくったことはまだ記憶に新しい。
 生活クラブ・埼玉では「戻りたいけど戻れない被災者たち...その原因である『復興』政策とは、いのちへの追悼と鎮魂なき経済と観光中心の『復興』、支援のネグレクトが続く避難者問題など、伝えたいことがたくさんあります!
 そして、今だから見えてくる人々の笑顔や頑張り、苦悩、『起民』への動きなどを、地元福島から震災後の現状を国内外に発信し続けているフリージャーナリスト藍原寛子さんから報告していただきます」と、この講演会の主旨を述べている。
 大震災そして福島第一原発事故を風化させないためにも、こうした取り組みは大事だといえる。

【概要】
◎藍原寛子氏講演会「福島の今を「埼玉」から考えよう!」~語られない被害と起民への動き~
◎日時:2015年11月19日(木)10時~12時
◎会場:浦和コミュニティセンター『コムナーレ』9階15集会室(浦和パルコ)
◎参加費:無料
◎講師:藍原寛子(福島在住 フリージャーナリスト)
◎連絡先:生活クラブ生協川口センター 石川
TEL 048-286-6911 FAX 048-286-6915

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る