左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP対策本部】生産現場との意思疎通の仕組み検討を指示-森山農相2016年1月22日

一覧へ

 農林水産省は1月21日に第4回農林水産省TPP対策本部を開いた。

第4回農林水産省TPP対策本部会合 会合ではTPP合意と政策の関連対策をブロック別に説明会を開いてきた「農政新時代キャラバン」の経過報告が行われた。
 これを受けて森山農相は「現場の不安と懸念をどうしても払しょくさせなければならないし、生産者の将来への意欲を後押ししていかなければならない。そのために現場に対して合意内容、政策大綱、関連予算というものを伝えていくことが非常に重要。引き続き生産者の立場に親身に寄り添った丁寧な説明を行ってほしい」と話し、生産現場と農水省が意思疎通を図るため▽インターネットを活用し現場からの質問に対して回答集をQ&A集として随時更新、▽地方参事官と農家とのホットラインの開設、などの検討を幹部に求めた。
 また、出先機関と本省との意思疎通を円滑・迅速にするための仕組みとして▽副大臣、政務官、本省の幹部がグループ別の担当を決めて現場の状況を把握、▽地方参事官のグループ会議を定期的に召集し意見交換を実施、などの検討も指示した。

(写真)第4回農林水産省TPP対策本部会合

(関連記事)
【TPP関連】生産者・消費者視点で原料原産地表示を-NPOが学習会 (16.01.22)

TPP反対で国際シンポ開催 (16.01.21)

【TPP】2月4日に署名式-ニュージーランド政府発表 (16.01.21)

【TPP】「米」も1100億円減少-鈴木教授が独自試算 (16.01.15)

TPP「腰を据えて検証」 奥野JA全中会長 (16.01.15)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る