左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

適性な電力取引で意見書 パルシステム2016年1月27日

一覧へ

 生協のパルシステム連合会は、4月からの電力小売全面自由化にともない改正案がまとめられた「適正な電力取引についての指針」について意見書を政府に提出した。

 公正取引員会と資源エネルギー庁が改正案をまとめ、パブリックコメントを募集している。これに対して意見書を提出したもの。
 このなかでパルシステムは、電力供給を委託する際に発生する「託送料金」の明記義務付けなど適正な情報公開を求めている。
 これを含む要求項目は、以下の通り。
1.消費者への請求書・領収書等に託送料金相当支払金額を明記することを、すべての小売電気事業者に義務づけする。
2.需要種別間の託送供給料金の適切性について必要な資料の公表を、すべての一般送配電事業者に義務づける。
3.託送収支に係る過去5年程度の計算書等についての公表を、すべての一般送配電事業者に義務づける。
4.「特定期間の取引を条件として料金が安くなる契約」について、「2年を超える取引契約」はできないこと、また、「契約更改時期」については、その時期に入る前月に消費者に通知することを義務づける。

(関連記事)
再生エネ普及促進に適した制度設計を パルシステム (16.01.21)

電力小売営業で政府に意見提出 パルシステム生協連 (16.01.13)

国民の声無視した安保法案可決に抗議 パルシステム生協連 (15.09.24)

石田 敦史・パルシステム生協連 代表理事 理事長 学び合い合意形成 農協と共に地域づくり (15.09.14)

「パルシステム平和の願い」を表明 (15.07.22

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る