左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米先物取引 試験上場再々延長を認可-農水省2017年8月8日

一覧へ

 農林水産省は8月7日、大阪堂島商品取引所が米の先物取引の試験上場を2年延長する申請を認可した。

 米の先物取引について農水省は平成23年に試験上場を認可した(当時は東京穀物商品取引所と関西商品取引所)が、その後、25年に2年間の延長を認可し、27年には再延長を認可した。今回で3回めの延長となる。
 大阪堂島商品取引所は7月に本上場を申請していたが、自民党は農林部会等の議論で30年産米の生産、流通動向を見極めることなく拙速に判断すべきではないなどの意見が出され、党として7月29日、農水省に「本上場の申請は認めがたい」との申し入れを行っていた。
 また、申し入れでは3回目の試験上場の延長申請が行われるような場合には、十分な取引量が見込まれないか、生産、流通に著しい支障を及ぼすおそれがあるか、について「厳正に判断すること」を求めていた。

(関連記事)

【コメ先物の本上場】 自民部会は反対・先送り論(17.07.21)

農産物先物取引でセミナー 東京商品取引所(15.03.05)

米先物、試験上場延長を認可 農水省(13.08.08)

コメ先物市場の先細り(11.09.12)

コメの先物市場に騙されるな(11.08.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る